債務整理の心配事

1.債務整理は家族に知られるか?

債務整理をしている、ということを家族に知られる可能性があるとする場合、「債権者が意図的に伝える」または「裁判所などから書類が送付される」という場合も考えられます。
しかし基本的には、債務整理の効果はその本人にのみ帰属し、家族であっても本人以外の第三者には一切影響しません。法律で定められている中では、本人以外の家族の方の財産影響が出る、家族の方の進学・就職等の障害になる、といったことはありません。
 

2.債務整理をするとブラックリストに載るか?

「ブラックリスト」というリストは、本来金融業界では存在しないものになっています。
クレジットカードを作る、ローンを組む、消費者金融からお金を借りる、といったことをすると、顧客情報が信用情報機関のデータベースに登録されます。その中で、ある一定期間返済が滞るなどした場合に、「事故情報」として登録されてしまいます。
これが通常言われている「ブラック情報」であり、「ブラックリスト」と呼ばれるものになります。

事故情報の登録機関の目安として、

支払い予定日より3ヶ月間支払いが遅れた場合 ・・・ 約5年間
自己破産 ・・・ 約7年~10年間
個人再生 ・・・ 約5年間
任意整理 ・・・ 約5年間
特定調停 ・・・ 約5年間

となっています。こちらは信用情報機関によっても異なりますので、それぞれ確認をする必要があります。
信用情報機関への「事故情報登録」による影響が出るのは、個人の「金融機関情報」となりますので、ブラックリストに登録されたとなっても「勤務先に影響が出る」「就職できなくなる」等の影響はありません。

初回無料/土日応相談/個別対応 過払い金の返還・借金問題に関するご相談は無料です。 まずはお気軽にお問い合わせください。0120-331-348 受付時間 平日 9:00?17:30 夜間 18:00?20:00 土曜日 10:00?16:00 弁護士法人鷹匠法律事務所  静岡駅徒歩7分 ご相談の流れ