家計の状況

裁判所で入手して記入し、提出しなければならない書類の1つがこの「家計の状況」です。これはいわゆる家計簿のようなものです。家計の状況とは、いわば家計簿のことです。自己破産の申立てをする直近2ヶ月間を記録し、提出します。これによって、裁判官は、あなたが日ごろどのような生活を送っているのかを把握するのです。この家計の状況には、申立てをするあなただけの家計の状況ではなく、同居している方全員を含めた世帯としての家計の状況を記載します。従がいまして「交通費」や「保険料」も、世帯全員分の合計金額が記載されることになるので、内容説明欄にその内訳を記載し、該当する方の車検証や保険証書等の写しを添付することになります。(バス・電車等の場合、資料は不要です)。「養育費その他の送金」「借金の返済」「家族のローン返済」もその内容や内訳を内容説明欄に記載することになります。

 
以上、家計の状況の書き方について解説しましたが、これは、あくまでも一般的な説明であり、不明点や疑問点が多くあるかと思います。わからないからといって自分なりに考えて書くのではなく、少しでも不安な点がありましたら弁護士に相談してください。皆様方の生活の立て直しのお手伝いをさせていただければ幸いです。当事務所は無料相談を実施しています。少しでも不安なことがございましたら是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

初回無料/土日応相談/個別対応 過払い金の返還・借金問題に関するご相談は無料です。 まずはお気軽にお問い合わせください。0120-331-348 受付時間 平日 9:00?17:30 夜間 18:00?20:00 土曜日 10:00?16:00 弁護士法人鷹匠法律事務所  静岡駅徒歩7分 ご相談の流れ