破産申立書・免責申立書

破産手続開始・免責申立書

破産申立書・免責申立書は、簡単に言うと自己破産の申込書のようなものです。各地方裁判所で用意されている雛形に必要事項を記入します。
 
実際に記入しなければならない項目は申立人の情報ですので、特に問題なく進めることができます。具体的には“名前”、“生年月日”“住所”、“押印”くらいです。
 
しかし、現住所と役所に記載されている住所情報が違う場合は記入に注意が必要です。そのような方は“現住所”と“住民票上の住所”を分けて記載する必要があるので、もし不安な方がいたら役所にて住民票を取得し、正しい住民情報を記載してください。
 

各項目の確認

『日付欄』

書類を記入した日付を記入します
 

『印紙・郵券』

郵便局にて購入
 

『氏名』

住民票に記載されている正式な氏名を記載
 

『生年月日』

住民票に記載されている正式な生年月日を記載
 

『住所』

現住所と役所に記載されている住所情報が違う場合は記入に注意が必要ですか。そのような方は“現住所”と“住民票上の住所”を分けて記載する必要があります。
手続きには不安がつき物です。少しでもわからないこと、悩んでいること、不安なことがありましたら、お気軽に当事務所までご連絡ください。
勇気を出して相談し、弁護士と共に借金問題を早期に解決しましょう。当事務所はあなたの生活の立て直しのためのお手伝いをいたします。

初回無料/土日応相談/個別対応 過払い金の返還・借金問題に関するご相談は無料です。 まずはお気軽にお問い合わせください。0120-331-348 受付時間 平日 9:00?17:30 夜間 18:00?20:00 土曜日 10:00?16:00 弁護士法人鷹匠法律事務所  静岡駅徒歩7分 ご相談の流れ